白山喜雨(2019年)

素材: アクリル,花坂陶石
仕上げ: 金彩




石川県金沢市のホテル「アゴーラ・金沢」のレストラン内エントランスオブジェを制作しました。
ホテルのコンセプトは「茶庭」。
それを受けて、金沢の茶の湯を支える清き水の源泉である白山に着目しました。

“白山喜雨”
はくさんきう
石川、福井、岐阜の3 県にわたり高くそびえる白山は
古くから霊山信仰の聖地として仰がれてきました。
金沢の人々にとって白山は
生活に不可欠な“ 命の水” を供給してくれる神々の座であるともいえます。
この作品は白山に降る春の喜びの雨と、潤い輝く山肌を表現しています。
白山の地形データから高低差の情報を抽出し
3 1 3 6 個の金彩を施した花坂陶石にて形状を再現しています。