「真の日本料理」 “INCONVENIENT” truth

with Andre Chiang / 高木慎一朗

未来の金沢の架空のコンビニ食をイメージして作られた想像の一品。
食文化で栄えた未来の金沢には食に関して圧倒的な美学がある。
どこで何を食べても美味しく、食べる所作が美しく、健康的で、さらには環境に配慮した包装紙が当たり前に使われている。一流の料理人が作ったファストフードを自然から一時的に用途を借りた容器に入れて。